蜘蛛の糸とベンチャー企業

新聞で読んだのですが、とあるベンチャー企業が気になっています。なんと人工的に蜘蛛の糸を作ることに成功したそうです。蜘蛛の糸というのはとにかく強いそうで、ものすごい思いものでも持ち上げることができるそうです。またその糸を使って人工の血管を作ることができないか考えられているそうで、面白そうでいいなと思ってしまいました。人工の蜘蛛の糸なんてすごいなと思います。ベンチャーというとあまり話をきいても最先端なことでわからないことも多いと思いますが、誰しも知っている蜘蛛の糸を作るというのが面白くていいなと思いました。注目してみたいと思います。いろんな利用方法が考えられるそうなので、すごく面白そうです。一度インターネットで検索して調べてみようかなとも思ってしまいます。そのうちテレビで特集があるかもしれません。

なにを持ってベンチャーというわけでしょうか。

なにを持ってベンチャーというわけでしょうか。よく新産業や技術開発など、いままでになかった事業形態をベンチャーといいます。しかしベンチャーといえども、事業資金は必要で国や自治体があと押しする補助金メニューはあります。しかし中小企業投資などは従前からありましたが、最近になって、日本流のヘッジファンドみたいなことをやろうと考えているそうです。ファンドの難しいところは、必ず欧米でもそうですが、審査基準があります。金融機関より緩い基準だから利用しやすいけど、利息は高めです。資金不足だけのため、消えた事業は数多いと考えられます。抜群なアイデアは具体的に形にしなければ事業成立できないからです。キャピタルなど従前からありましたが、行政が監督審査するため、乗れなかった事業が多かったことを忘れてはいけません。例えば、農業はどうでしょうか。遺伝子組み換え作物なら技術的先駆的事業でしょうか。消費者は意外に拒否反応が強い理由を知らなければ事業化はできません。資金は必要ですが、資金中心にすると必ず事業の方向性が間違いを起こします。

投資活動にはベンチャー企業が狙い目です。

バブル景気が崩壊してから日本経済は迷走を続けている状態で、この期間は失われた20年とも呼称されており多くの企業や事業所そして自治体などが疲弊してしまっています。また少子化や高齢化が急速にすすんでいますのでそれらに対応するべく方策が採られていますがそれも日本経済に対して不可となっているのです。それでも日本国民の総資産はまだまだあるとも言われており、それらが市場に流通することで日本経済も好転するとの予測もあります。とくにそのような資金の流入を期待しているのが株式市場ではないでしょうか。市場へ資金が流入すれば株価も上昇しますし、それにより企業や株を所有している個人の資産価値が増していくからです。そのような中、株式市場において注目されているのがベンチャービジネスを手掛けている企業の株式なのです。これからの成長が見込める有力なベンチャー企業への先行投資に成功すれば経済も好転しますし株価の上昇も期待できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*