人脈が命のベンチャー企業

今の時代、お金があることよりも人脈があるほうが大切と言われています。お金は基本的に貨幣経済から生まれたもので、それは人々の信用無しには無価値です。たとえ何千万円の資産を持っていたとしても、経済が崩壊してしまえば価値が無くなってしまいます。しかし、人脈はそう容易く崩壊するものではありません。ベンチャーを成功させる人の多くは、この横のつながりである人脈を活用するのが人よりも上手いことが多いです。人脈を持っていれば、起業するときに出資してもらえたり、場所を借りることが可能です。仮に経営が上手くいかない期間が続いてしまったとしても、誰かに相談すれば食べるに困らないで済みます。もちろん、そのためには自分の方から何かを差し出すものがなければいけません。それは物ではなくても構わないのです。自分の得意なことを教えるなど、それを対価として差し出せば良いのです。

やりたいことが明確ならベンチャー

天職探しをする人が増えているそうですが、それはまだ自分の人生に迷いがあるからでしょう。一方で、ベンチャーを起業して成功を収める人たちにはブレがありません。それは最初に自分が何をしたいかという目標があり、それに向かって全力疾走していくような感じで仕事をしていくからです。最初に目標があれば、途中に山があっても、それをどうにかして解決して目標に近づいて行こうとします。しかし、目標を見つけられていないと、小さな山であっても先の見通しが持てず、そこで立ち止まってしまいます。ベンチャーを立ち上げて成功させることは自分一人の力で容易く達成出来るようなものではありませんが、目標値が設定出来ていると、なんとかなるものです。逆に、上限も何も設定されていない状態だと、どこまで頑張ったらいいのかが分からなくなり働きづらくなります。

ベンチャーでは横の繋がりを意識する

ベンチャー企業には一般企業に比べると、縦社会よりも横社会というイメージが強いです。縦社会というのは先輩後輩、上司部下、といった繋がりです。一方、横社会というのはそういった上下関係がなく全員が同じ高さだと考えます。横社会の繋がりが大きいだけに、自由な社風などと揶揄されることが多いのです。横社会であることのメリットとして、自分のやりたいことが出来るという事があげられます。上下関係が濃い縦社会だと、どうしても先輩や上司に遠慮してものが言えなくなってしまいがちですが、横社会ならば自分が言いたい意見が言えます。もし先輩や上司が間違った事を言っていても、それに対して間違いだと言えます。そうすることで、先輩も後輩も、上司も部下も関係なくお互いに利益が受け取れるのです。この点が普通とは違うベンチャー企業の魅力と言ってもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*