ベンチャー企業について思うこと

ベンチャーというとなかなか経営が大変だろうなと思ってしまうのですが、投資家の方がしっかりと投資されているようです。女性の方で株で生活をして、かなり収入を得ておられる方がいるのですが、その方はごく普通に生活をしておられて、ご自分にはあまり散財されないようで驚きました。どうされているのかなと思っていたら、ベンチャー企業に投資されているそうで、驚きました。社会に貢献したいという気持ちが強いようです。こういった方がいるから、ベンチャー企業が大きくなっていくのだなと思ってしまいました。もっとこういう方が増えると日本の経済もよくなっていくし、起業したいという方も増えてくのではないでしょうか。今まであまり興味がなかったのですが、新しい企業に私も注目したくなりました。大変だと思いますが、頑張ってほしいなと思ってしまいます。

親族がベンチャー企業を経営しています

親族でベンチャー企業を経営している方がいました。とても仕事ができる方で、いろんな得意先があり、信頼も大きかったようです。一人で海外にも行き、そこで顧客を見つけて仕事もしておられて、すごいなと思いました。どちらかというと静かな人が多い親族なのですが、その中で一人奮闘されていて、すごいなと思っていました。かなり経営も安定されていたようで、こんなに収入があってよいのかと思ったこともあったそうです。素晴らしいなと思います。今までベンチャーというと何か危ない感じがしたのですが、いろいろ話をきいてみるとそうでもないのかなと思ってしまいました。一度いろいろお話を聞かせてもらいたいなと思ってしまいます。きっといろいろ話を聞くことができて勉強になるのではないかなと思ってしまいました。一度お願いしてみたいなと思います。

不況とベンチャー企業について

まだまだ不況が続き、就職も難しい状況になっています。こんな時代だからこそベンチャー企業を立ち上げるのもよいかもしれません。仲間通で、集まって起業するとよいのではないでしょうか。これは誰にも負けないというものを持っている人たちが集まるときっと成功すると思います。普通の企業だと苦手なことも行う必要がありますが、仲間うちだとどうやって仕事を分担するかしっかりと相談できるし、苦手なことも上手に補うことができると思います。仕事がしたくて仕方がないなんていう状況を作ることができるのではないでしょうか。きっと楽しく仕事ができるし、新たな事業を発展させることができると思います。思いきって挑戦してみるとよいのではないでしょうか。大学生の頃から計画をたてておくとよいかもしれません。楽しく働くことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*