ベンチャー企業とは何か

ベンチャーの言葉の意味は、冒険的事業,投機的企業のことを意味しています。ビジネスでよく聞く、のは、ベンチャービジネス、企業の略であり、大企業では実施しにくいような技術や高度な知識を武器として経営戦略としていく中小企業のことを指しています。大企業が市場を占めているような場合、そこにあえて挑むのではなく、中小企業だからこそ攻められる市場へ参入し、経営戦略とする企業です。これらの企業に求められる人材は、自らが意思を持って積極的に参加していく人、やる気のある人たちが求められます。会社の大きさや知名度なのをバリューとしている人はベンチャー企業には向いていません。キャリアが浅い企業をこれからどう変えていくか、未来のビジョンが明確に見えているそんな社員が多い会社で、非常に活気のある社風が特徴の1つであると言えます。

就職する道はベンチャーか一般か

就職活動に励む若者の中には、一般企業に就職するよりもベンチャー企業に入ってユニークな事をしたいと考えている人もいるかもしれません。ベンチャーはその名の通り、冒険的な要素が大きい企業です。一般の企業よりも体当たり的な所も多いため、当たっても外れても、その反動は大きいです。とは言え、経営者がしっかりしている企業であればリスクマネジメントにより被害は最小限に抑えられます。また、ベンチャーに乗り出す人等は、そのリスクすら多少楽しんでいる部分があるものです。確かに誰だって失敗はしたくありませんが、何か新しい事を始める時、そこには必ずリスクがつきまとうものです。それを恐れずにつきすすめた者だけが手に入れられるものが企業の成功です。成功させるためには冒険を楽しむ気持ち、勇敢さ、そして何よりも仕事への真剣さが大切です。

ベンチャー企業に就職したい人に

当たり外れが大きいと言われるのがベンチャー企業の特徴です。昨今では、ゲームや美容系のベンチャー企業が大当たりして大成功を収めているケースも増えています。そうすると、一般企業に就職して地道に働くよりも、何となく大きな事が出来るイメージの強いベンチャー企業に就職したほうが単純に格好良いと思ってしまうかもしれません。少し立ち止まって考えてみましょう。本当に自分が興味のある分野の仕事をしているのであれば、とてもやり甲斐を感じられるでしょう。しかし、ただ単純に格好良さそうだからという理由だけでは、就職する糸口としては若干弱い気もします。実際、成功の裏には資金集め、地道な制作活動、長時間の仕事、など社員の努力が積み重なっているものです。そういう裏の部分にもスポットライトを当ててみて、自分に合っているかを考えることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*